銀塩写真を始めたい人へ:モノクロフィルム編 #6 アドックス/ ADOX

 

 

 

もしかすると、いまどき銀塩写真を始めたいひとがいないとも限らない。


万が一、そんな人がいた場合に備えて最近の銀塩写真情報をぼちぼちとまとめていきます。

新品フィルムカメラ全網羅に続きフィルム編。それもモノクロフィルム。
風前のともし火と言われはや10年余。名を変え、国を変え、しぶとく生き続けています。I’m still STANDING!!

モノクロフィルム、まだ買えます。買えますとも。今回はドイツの老舗にして新進メーカーのADOX。
世界最古のフィルムメーカーは、最新の新開発フィルムで勝負します。


 ★写真用モノクロフィルムの現状

 

そもそもカラーフィルムが普及した時点で、モノクロ(白黒)フィルムはまだ必要なのか?という議論もあったのではないかと思います。しかし、白黒フィルムはカラー時代を生き抜きました!それは、カラーフィルムをモノクロ画像にするよりも、最初からモノクロフィルムで撮影した方がだんぜんきれいだったからです。

デジタル時代にも同じことが言えるとは思うのですが、デジカメにフィルムを入れて撮影するわけにいかないので、フィルムカメラが衰退するとともにフィルム生産も大幅縮小されました。しかしモノクロフィルムはこのまま無くなるのか、と思いきや、国を変え、会社を変え、工場を変えて、多くのモノクロフィルムの生産はまだ続いています。

  
 

 

■ADOX アドックス

 

今回紹介するモノクロフィルムメーカーは「アドックス」です。

アドックス。正直、あまり聞いたことありませんでした。それもそのはずで、最近の銀塩写真事業は2003年から始まったそうです。いや復活したと言うべきか。このアドックス、非常に歴史のある会社で創業は1860年のフランクフルト。世界で最も古い写真製品のブランドです。1860年(万延元年)といえば、福沢諭吉がアメリカで初めて触れる近代文明に腰を抜かしていた年です。日本はまだ、「会社」?なにそれ?状態。

アドックスは写真感光材料やカメラを販売していましたが、1962年に会社ごとデュポン社に売却されました。そこでアドックス・ブランドはいったん終了。そしてアドックスの新しいオーナーは、写真材料の製造ライセンスを機材ごとクロアチアのフォトケミカ社に売却。そうしてアドックスの製法はクロアチアのフィルム「efke エフケ」ブランドに引き継がれました。

※その「efke エフケ」は、2012年に機械の故障(!)で写真感光材料の製造を終了。

2003年にドイツのフォトインペックス社によりアドックス・ブランドが復活。
フォトインペックス社は、当初は旧来のアドックスフィルムの復活を目標にしていました。しかしやがて、同じドイツのアグファが倒産したため、アグファの技術を移入した最新の白黒フィルムを開発するに至ったようです。

アドックスはレントゲン博士と恊働し、世界で初めてのX線写真乾板を開発したことでも知られています。

アドックスCEOが熱いソウルを語っています。

Adox社CEO ミルコ・ボエデッカー氏インタビュー : Silversalt

 
 

ADOX ブランドサイト

 
 
 
 

ADOX Silvermax

 

マックスです、マックス。シルバーマックス。銀、マックス!
通常のフィルムより銀量を増やしたことにより、フィルム濃度が上がりトーンが豊かになっています。シャドウからハイライトまで全てのゾーンにしっかりした階調が現れます。旧型乳剤のフィルムなのですが、T粒子フィルムに匹敵する粒状性とシャープネスを持ちます。

またシルバーマックス専用現像液を使用することで、14絞り分のラチチュードを獲得できます。通常の白黒フィルムでは10〜11絞り分を写せる範囲として想定しています。ですからSilvermaxのラチチュードの広さはちょっとぶっちぎりです。しかもただ「写っている」だけじゃないんですね。

 

 
上の特性曲線を見ると、シャドウ部からハイライトまでほぼ直線で立ち上がっています。これは暗部のディテール描写に優れていることを意味します。暗い部分がただ写っているだけではなく、美しいトーンで描写することができます。ハイライトも白飛びしてしまわないので、プリントの際に焼き込みすることができます。トーンの豊富なリッチな画作りができそうです。
 
このSilvermaxは、アグファのAPX100を元に改良を重ねた最新の高品質フィルムです。
©Omar Ozenir
フィルム:Adox Silvermax
現像液:Kodak D-76
©Leo Velimir Brancovich on Flickr
フィルム:Adox Silvermax
現像液:Rodinal
 
 

ADOX CHS 100 II

 
 

こちらはSilvermaxのお兄さん。
ぶっちぎりの才能を持つ弟に対して、どんな場面にも動じない、頼れるしっかり者です。
被写体を選ばずクオリティの高い画質が得られます。

古典的な旧型乳剤を使用していますが、2重のハレーション防止層を備えるため非常にシャープです。またかなり微粒子でラチチュードも広く、非常に使いやすいフィルムです。

現像方法の変化に対する反応も良く、ロジナールなどの古典現像液や、パイロ系の染色現像液でも良い調子のネガが得られます。

また、このCHS100IIとディテール描写に優れたシュプールHRX現像液との組み合わせは、海外の写真愛好家の間ではもはや「鉄板」のようです。(下記Webページなど参照)

The Online Darkroom
Adox CHS: The love affair continues

©Toby Key on Flickr
フィルム:ADOX CHS 100 II

 

 

 

 

©Graham Vasey
フィルム:ADOX CHS 100 II
現像液:MOERSCH Tanol 

 

 


ADOX CMS 20 II

 
 
 

無粒子!超高精細!
銀塩モノクロフィルム最高の微粒子に、レンズの分解性能を凌駕する超シャープネス。
最新レンズの性能を最大に引き出してかりっかりの画を撮りたいときには、最高のフィルムです。35mmの小型カメラで撮影しても、大判カメラに匹敵するシャープな写真が撮れます。無敵。

CMS 20のあきれるほどの超シャープネスぶりは、こちらのページで確認することができます。

ですがこのフィルム、あえてレンズの絞りを開けて、無粒子の柔らかいトーンを生かしたボケの美しい写真を撮ることもできます。いずれにせよ、レンズの持ち味を最大に生かせるフィルムだと言えます。

CMS 20 IIは元々、文書を複写するためのコピーフィルムです。そのため、通常の現像をしてしまうと非常に硬調な画になってしまいます。連続したトーンにするには軟調現像が必要です。ADOXからは専用現像液が用意されています。それ以外では、やや現像は安定しないものの、ロジナールの高希釈現像(1:150程度)でも連続トーンが出せるようです。

 

©Leo Velimir Brancovich on Flickr
フィルム:ADOX CMS 20
©Leo Velimir Brancovich on Flickr
フィルム:ADOX CMS 20

 

©Mart on Flickr
フィルム:ADOX CMS 20
 

  
 *

銀塩写真の最近の情報をまとめるシリーズ、モノクロフィルム編。
前世紀の遺物。風前のともし火。なんとでも言え。どっこい生きてます。
さすらいのヨーロッパ編。
ヨーロッパでは、かつての名フィルムたちが製造中止と再生産をくりかえしています。
次回はFOMA。

 


「銀塩写真を始めたい人へ」記事は、ぼちぼち更新していきます。
現在入手可能なもので銀塩写真を始められるように情報をまとめていきます。(簡単にね)

新品フィルムカメラ全網羅に続くフィルム編。
まずは現在入手可能なモノクロフィルムを全て紹介します。
それから、フィルム現像編プリント編(銀塩印画紙、デジタル)
とぼちぼちと続く予定です。

ではでは。


The Film Developing Cookbook (Alternative Process Photography)
Steve Anchell Bill Troop
Focal Press
売り上げランキング: 102,330
 
ファインプリントテクニック―高品質モノクロプリントのすべて (Photo expert)
写真工業出版社
写真工業出版社
売り上げランキング: 505,828
 

 

More from tokyoaltphoto