俳優フィリップ・シーモア・ホフマンの最後のポートレート:サンダンス映画祭のティンタイプ

新興宗教まがいのセックスの伝道師、
死の間際にある金持ちの老人、
介護士、
老人の若い妻、
クイズ番組の天才少年、
司会者、
ジャンキーの少女、
警官…

全く無関係な10人の運命がゆっくりと重なり合うある一日を描いた映画『マグノリア』は、少し奇妙な映画だった。過去と現在に傷つきながら生きる登場人物たちは、劇中で同じ歌を歌い、奇想天外な天気を経験しながら、やがて緩やかに救済されていく。

この映画の10人の主人公の中で、つらい過去を持たないのは老人の介護士だけだった。心優しい彼の小さな行動が、やがてこの映画の登場人物たちを結びつけていく。

その介護士を演じた俳優フィリップ・シーモア・ホフマンが2日前に亡くなった。

名バイプレーヤーとして評価が高いホフマンは、作家トルーマン・カポーティを演じた映画『カポーティ』ではアカデミー主演男優賞を受賞した。

先月、サンダンス映画祭のスタジオで撮影された写真が、彼の最後のポートレート写真となった。映画祭で俳優たちを撮影したカメラマンは、ティンタイプでも撮影をしていた。

 

Philip Seymour Hoffman
VICTORIA WILL/INVISION/AP

 

このティンタイプの画像がひどく汚れているのは、撮影したカメラマンが技法に未熟だったからだ。しかしホフマンの死を思いつつこの画像を見る全ての人にとって、画像の傷は、美しい滅びの証として自然に理解される。

笑顔なく虚無的な視線をこちらへ投げかけるティンタイプの中のホフマンは、いま、あまりにも完璧に過去と死を体現している。この写真の撮影が全く偶然の出来事であることが、ほとんど信じられないほどだ。

この美しい遺影は、アメリカ独特のティンタイプのコンテクストと相まって、いま人々の哀惜を誘っている。


関連記事
 

アメリカの叙事詩 ーアフガニスタン戦争のティンタイプ

 

More from tokyoaltphoto

遠く懐かしい月面の写真/ Apollo 16

アナログ写真ワークショッ...
Read More