フィルム現像ラボ|白黒フィルム現像ワークショップ

 
このワークショップの募集は終了しました。
開催予定のワークショップは「現在募集中のワークショップ」のページをごらんください。

現在募集中のワークショップ


 

白黒フィルム現像ワークショップを開催します。

「白黒フィルム現像、自分ひとりで上手にできる自信がない…」

そんな人のために、フィルム現像のワークショップを開催します。
大藤健士Silversaltのティムが、白黒フィルム現像の手順を一緒に順を追って指導します。さらに、フィルム現像では何が起こっているのか、どんなことに注意が必要なのかを解説します。

フィルム現像の練習、そして異なる現像液を試してみたい方は、この機会にぜひご参加ください!

 

フィルム現像ラボ開催概要

  • 高品質な写真作品のための小型タンク現像を実習で解説。
  • 撮影済みフィルム(35mm、120サイズ)をご持参ください。
  • 現像液は4種類(オプションでさらに1種類)用意します。好みの現像液を選んでいただけます。
  • さらにフィルム現像の基礎的な知識を解説します。

 

開催概要

2019年11月9日(土) 14:00から 3時間程度

  • 講師:大藤健士 ティム・モーグ(Silversalt
  • 場所:アトリエオルト(南青山)
  • 参加費:5,000円(税込み)
  • オプション:
    • フィルム2本以上を、異なる組み合わせ(フィルム&現像液)で現像する場合は追加で +500円(1本につき)です。詳しくはお問い合わせください。
    • ADOX CMS20専用現像液は追加で +500円です。
  • 支払い方法:PayPal、銀行振込
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

  

ワークショップ参加方法

参加希望の方は以下の申し込みフォームよりお申し込みください。

フィルム現像ラボ

参加申し込み

 

使用するフィルム現像液について

今回は現像液を4種類(+1種類)用意します。好きな現像液を選んで撮影済みフィルムを現像できます。

※オプションのCMS20専用現像液で現像できるフィルムは以下の3種類です。
(35mm、120サイズどちらも現像できます)

 

フィルムの設定感度

各フィルムの感度設定は以下のデータを参考にしてください。
もしわからないことがありましたら、撮影前にお問い合わせください。

Silversalt 現像データ
http://www.silversalt-plus.com/TT/index.php

 

アナログ写真ワークショップ フィルム現像実習

 

銀塩印画紙プリント・ワークショップ

希望者には11月10日(日)に銀塩印画紙プリントワークショップを行います。こちらへの参加は別途受付けになります。フィルム現像ラボ申込み後に希望をうかがいます。

 


アナログ写真WS:基礎クラスもあわせてどうぞ!

 

美しい白黒写真を作るには、
①フィルム現像プランを立てる
②露出決定、撮影
③フィルム現像
この3つのステップがもっとも重要です。フィルム現像が終わった時点で写真のクオリティはほぼ決まっています。

東京オルタナ写真部のアナログ写真ワークショップ基礎クラスでは、このステップを丁寧に解説指導しています。

 次回開催は12月7日(土)から全5回。ご参加お待ちしています!

古典写真技法やアナログ銀塩写真による表現の研究。新しく美しい写真表現のためのワークショップを開催しています。