デジタルネガティブ・ワークショップ / 4月

 
このワークショップの募集は終了しました。
開催予定のワークショップは「現在募集中のワークショップ」のページをごらんください。

現在募集中のワークショップ


デジタルネガティブ技法ワークショップ

5月11日 (土)14:30から追加補講を開催します。
 

  • オルタナティブプロセス(古典技法)のためのデジタルネガティブを制作するワークショップです。
  • 美しいプリント画像を得るための露光時間の出し方、トーンカーブの調整方法を解説します。
  • どのデジタル環境でも適用できます。
  • サイアノタイプ、プラチナプリントなど、どの古典技法にも適用できます。
  • 初心者から参加できます。
 

 

ワークショップ開催概要

銀塩フィルム、銀塩印画紙は衰退し、アナログプリントは遠からず消滅する。 誰もがそう考える昨今、静かに広がりつつあるアナログ写真ムーブメントがある。デジタル写真と古典技法の組み合わせによるオルタナティブ・プロセスだ。    デジタルカメラで撮影。TPS100で...

 

参加方法

参加希望の方は以下の申し込みフォームよりお申し込みください。

デジタルネガティブWS

参加申込フォーム
  • 申し込みフォームを送信後、折り返しこちらから詳細をご連絡いたします。もし2日以内にメールが届かない場合はお手数ですが下記メールアドレスまでご連絡ください。東京オルタナ写真部:tokyo.alt.photo@gmail.com
  • プリンタプロファイルを直接操作するソフトウェア「QuadToneRip」は、今回は紹介だけになります。またこのワークショップはアマチュア写真家への技術指導を目的にしています。そのためプロの方のご参加はご遠慮いただく場合があります。詳細はお問い合わせください。
 
 

ワークショップ内容

講義内容

  • 任意のモニター、プリンター、プリント技法の組み合わせで、適正なデータを得る方法を最初から解説していきます。
  • ワークショップで得られたデータを使用して参加者の画像をプリントします。
  • 解説に用いる技法はサイアノタイプ、プラチナプリントなど、どの技法にも適用できます。