ガムプリント・ワークショップ

撮影:野島康三1950年代 ガムプリント制作:大藤健士

次回開催:11月4日(土)、11日(土) 参加者募集中

 

ガムプリント(ゴム印画)のワークショップを開催します。

  • 写真古典技法のワークショップです。
  • 6切サイズのプリントを制作します。
  • 絵画調の美しい質感が特徴の技法です。(ピクトリアリズムの代表的な技法です。)
  • 顔料で画像形成するため、非常に長期の保存に耐えます。
  • 初心者から参加できます。
  • プリントしたい画像のデータを事前に提出していただきます。
 
 

ワークショップ開催概要

 

 

参加方法

参加希望の方は以下の申し込みフォームよりお申し込みください。

ガムプリント・ワークショップ

11月4日、11日 参加申込フォーム

 

  • 申し込みフォームを送信後、折り返しこちらから詳細をご連絡いたします。もし2日以内にメールが届かない場合はお手数ですが下記メールアドレスまでご連絡ください。東京オルタナ写真部:tokyo.alt.photo@gmail.com
  • このワークショップはアマチュア写真家への技術指導を目的にしています。そのためプロの方のご参加はご遠慮いただく場合があります。詳細はお問い合わせください。
ガムプリント+サイアノタイプ ©大藤健士
ガムプリント+サイアノタイプ ©大藤健士
ガムプリント+サイアノタイプ ©大藤健士

ガムプリント・ワークショップ・ビデオ

  
 

 

ワークショップ内容

  • 講義内容
    • ガムプリントの技法と歴史について
    • プリント用ネガの制作手順(デジタルネガ)
  • 実技内容
    • ガムプリント用に準備した紙に感光液を塗布します。
    • ネガを密着しプリントを焼き付け、現像。
  • その他
    • 6切サイズを1点制作します。
    • 事前にプリントする画像のデータを送っていただきます。
    • 汚れてもいいように作業用エプロンなどを用意してください。
    • 作業自体はシンプルですが、非常に手間のかかる技法のため、2日間かけてプリントを制作します。
    • 作業用のマスク、手袋、ゴーグル等はこちらで用意し、安全面には十分配慮します。

ワークショップ内容については、以下のサイトもご参照ください。

 
他のワークショップにご関心のあるかたはコンタクトフォームよりご連絡ください。リクエスト歓迎です!

東京オルタナ写真部(メール):tokyo.alt.photo@gmail.com

過去のワークショップ情報はこちらをごらんください。
東京オルタナ写真部ワークショップ」 

 

 

More from tokyoaltphoto

遠く懐かしい月面の写真

アナログ写真ワークショッ...
Read More