ロラン・バルト『表徴の帝国/記号の国』 読書会

宝誌和尚像

新たな意味の方へ

 

「この世にあるとも思えぬ一民族」

 

他のどんな写真論とも全く似ていない明るい部屋。この本を読み解くためのロラン・バルト読書会、次回は『L’EMPIRE DES SIGNES(日本語訳:表徴の帝国/記号の国)』を取り上げます。

ロラン・バルトは言語批評から始まり、やがて小説的・空想的なものへの憧れを強く抱くようになりますが、その転換がこの本から始まったのではないかと思われます。

この本はロラン・バルトの「日本論」です。ただし一般的な文化批評として読むと非常に奇妙な本です。『明るい部屋』が写真論ではないのと同じ程度にこの本は現実の日本とは関係ありません。

遺作である『明るい部屋』へ至るロラン・バルトの歩みを探るために、私たちは彼の著作をさかのぼるように読んできましたが、この読書会が最終回になります。『明るい部屋』に見られるロマン的なものの源泉をこの本に見ることができるのではないかと考えています。

また時期は未定ですが、読書会参加者の写真作品によるグループ展を開催する予定です。

舟木一夫

レジュメ/ディスカッション/撮影会/すき焼き

 

読書会の進め方と概要ですが、事前に準備するレジュメを元にディスカッションを交えながら読み進んでいきます。読み終えたあとに都内散歩(撮影会)を行い、打ち上げをしたいと思います。てんぷらは後片付けの問題があるので、すき焼きを予定しています。


《すき焼き》は、とだえることのないテキストのように、中心をもたないものとなる。

「中心のない食物」

 



開催概要

2019年5月25日(土)、6月1日(土)、8日(土)、15日(土)、22日(土)+撮影散歩&打ち上げ (予定)

  • 18:30時開始
  • 90~120分の予定です。
  • 場所:アトリエオルト(南青山)
  • 参加費:1,000円(差し入れ歓迎です!)
  • 進行:大藤健士
  • これまでの読書会に未参加の方も参加できます。
  • 途中参加もOKです。

参加方法


過去に読書会に参加された方は当日お越しください。これまで読書会に参加されたことのない方は、メールで参加希望の旨をお知らせください。
東京オルタナ写真部:tokyo.alt.photo@gmail.com

使用するテキスト


翻訳で読まれる場合は次のいずれでも大丈夫です。

日本語訳は表徴の帝国(宗左近訳 みすず書房 1996年)、あるいは『記号の国』(石川美子訳 みすず書房 2004年) 。英語訳は”THE EMPIRE OF SIGNES“などがあります。

もちろん原著 “L’EMPIRE DES SIGNES” での参加も大歓迎です!

 

『明るい部屋』の読書会を終えて

『明るい部屋』読書会:最後のディスカッション先週末は『明るい部屋』読書会の最終回でした。この本を読み終えて最後のディスカッションを行いました。本当にどう言えばいいのかわからなくてこんな言葉しか見つからないのですが、感動に包まれるような最終回になり...



表徴の帝国 (ちくま学芸文庫)
ロラン バルト
筑摩書房
売り上げランキング: 64,920

 

記号の国―1970 (ロラン・バルト著作集 7)
ロラン・バルト
みすず書房
売り上げランキング: 643,044

 

Empire Des Signes (L')
Empire Des Signes (L’)
posted with amazlet at 19.05.06
Professor Roland Barthes
Contemporary French Fiction
売り上げランキング: 46,026

 

The Empire of Signs
The Empire of Signs
posted with amazlet at 19.05.06
Roland Barthes
Hill and Wang (1983-09-01)
売り上げランキング: 30,422
Tags from the story
,
More from tokyoaltphoto