Flower Photo Workshop

ワークショップ「花を撮る、写真を作る」

次回開催: 8月5日(土)6日(日)定員になりました。

キャンセル待ち受付中です。

©大沢尚芳 / アトリエオルト
©大沢尚芳 / アトリエオルト
©大藤健士 / 東京オルタナ写真部

花を撮影し、古典写真技法でプリントするワークショップ

デジタルカメラで花を撮影し、古典写真技法で写真プリントを手作りする連続ワークショップです。初心者から参加できます。



植物を描くボタニカル・アートは長い歴史があり、写真においても黎明期から密接な関わりがあります。このワークショップでは、まずデジタル写真で花を美しく撮影し、次にそれを手作りの古典印画技法でプリントします。

定員6名の少人数のグループ指導ですので、質問やリクエストもその場で気軽にしていただけます。今回の古典技法はアルビューメン・プリント(鶏卵紙)です。また、手彩色のワークショップを追加で開催する予定です。

当ワークショップ参加作品(鶏卵紙)に手彩色

ワークショップ内容

1日目:花を撮る (講師:大沢尚芳/アトリエオルト)

  • はいいろオオカミ+花屋 西別府商店さんによる花材の説明
  • 撮影のための簡単なアレンジ制作
  • 魅力的な光を見つける
  • レンズの選択と構図
  • 明るさと色と質感
  • 画像データの仕上げ
  • ここまででカラー画像を仕上げます。

2日目:写真を作る (講師:大藤健士/東京オルタナ写真部)

  • 画像データからデジタルネガの作成
  • 古典写真印画紙の作成
  • プリント制作(8×10サイズ)

ワークショップ開催概要

  • 日時:8月5日(土)、6日(日)
    • どちらの日も午後2時開始。
    • ワークショップは各回、約3時間の予定です。
  • 場所:アトリエオルト(南青山)
  • 参加費:16,000円(花材+材料費込み、税込)
  • WS講師
    • デジタル写真撮影 :大沢尚芳 / アトリエオルト
    • 古典技法プリント: 大藤健士 / 東京オルタナ写真部
  • 花材提供

参加方法 

参加希望の方は以下の参加申し込みフォームからお申し込みください。

お申し込み後、2日以内にご案内が届かない場合はお手数ですが下記のメールアドレスまでお問い合わせください。

東京オルタナ写真部:tokyo.alt.photo@gmail.com