ほんとうにかっこいいアナログ写真ワークショップ /銀塩写真クラス : 内容紹介

*このワークショップは、アナログ写真の連続講座です。

美しくかっこいい写真を作ることを目標に基礎からていねいに解説します。
従来の写真指導とは一線を画する、アナログ写真の技法理解に主眼を置いたワークショップです。芸術表現と技法理解を明確に区別し、作品制作の場で統合できるように解説していきます。(そのため、突飛な精神論も、目的のはっきりしない技法解説もありません)

ワークショップを通して作品制作を行います。白黒フィルムで撮影し、自分で現像処理を行います。プリント方法は選択肢が分かれるため、個別にアドバイスします。最後はプリントを持ちより、作品の講評会を行います。

全くの初心者の方から参加できますが、美しい写真を作ることを目的に基礎から理解しなおすため、中級者の方も楽しめる内容です。

以下に、全5回の内容を紹介します。

参加申し込みページ:本当にかっこいいアナログ写真WS

 

 

■WS1:かっこいい写真はなぜかっこいいのか

  • わかるようでわからない「かっこいい写真」についてきちんと分析します。
  • 銀塩写真の技法の基本を解説します。
 

 

 

■WS2:かっこいい写真のための基礎講座

  • 写真には「見たまま」は写りません。写す必要もありません。
  • 「ただ写る」のと「かっこよく写る」ことの違いを技法的に解説します。
  • 現代的な写真表現に使えるゾーンシステムをていねいに解説します。
 

 

■WS3:露出とフィルム現像(撮影実習)

 
  • フィルム撮影の基本を解説します。
  • 白黒写真のトーンは露出とフィルム現像で決まります。
  • かっこいい写真のための露出を解説します。
  • 実際に白黒フィルムで撮影をしてみます。
  • これまで目的が十分に理解されてこなかった「ゾーンシステム」について、わかりやすく解説します。
 
 
 

 

 

■WS4:フィルム現像で画を作る(フィルム現像実習)

 
  • 各自が撮影してきた白黒フィルムを自分で現像します。
  • かっこいい写真のための現像方法を解説します。
  • プリント方法を紹介します。プリント技法は、デジタル、銀塩印画紙、オルタナティブ・プロセスと選択肢が広いため、技法を紹介したうえで個別に相談します。
 
画像:Silversalt

 

 
 
 
 

 

 

■WS5:作品講評会

  • 各自でプリントを行い、完成した作品を持ち寄って講評会を行います。
  • 各自の今後の制作プロジェクトについてディスカッションを行います。
  • 定期開催しているグループ展のためのプリントタディに参加していただけます。
 
 
 
 
 


・参加方法

 
フィルム:KONICA INFRARED750
現像液:D76
©Kenshi Daito


 

 
ワークショップ内容については、以下のブログ記事もご参照ください。

東京オルタナ写真部ブログ
モノクロフィルム現像ワークショップ/「銀塩モノクロ写真のかっこよさの秘密」


 
 
 
 
ご質問等ありましたら下記までお気軽にご連絡ください。

東京オルタナ写真部:tokyo.alt.photo@gmail.com

東京オルタナ写真部では、アナログ写真関連のワークショップを開催しています。
過去のワークショップ情報はこちらをごらんください。
オルタナティブ・プリント・ワークショップ

 

 
 
最新の情報はFacebookページTwitterでお知らせしています。ぜひフォローしてください。
  • 写真初心者向けの個人レッスンは随時募集しています。
 
渋谷~世田谷近辺の会場で1コマ90分程度のレッスンを実施いたします。
こちらの詳細も近日中にお知らせします。

 

1レッスン90分につき8,000円(税込・交通費別途)を基準に、ご相談のうえ内容を決めさせていただきます。

 
 
 
 
ご関心のあるかたは下記メールアドレスまでご連絡ください。

東京オルタナ写真部:tokyo.alt.photo@gmail.com