銀塩写真を始めたい人へ:厳選!!おすすめフィルムカメラ

©Mark on flickr
おすすめのカメラを教えてよ。
 
知らん。そんなものはない。
 
そうは言ったものの、それではこれからフィルム写真を始める人に不親切もはなはだしい。
 
そこで、東京オルタナ写真部がおすすめフィルムカメラを厳選しました。
 
かっこいい写真が撮りたければ、このカメラを買え!

おすすめのカメラはない。
その理由はこちらに書きました。
 
 
 
カメラは珍品でもなんでも中古市場に出回っていて、お金と探す手間さえ惜しまなければ、たいていのものは手に入れることができます。好きな物を好きなように買えます。趣味性の高い買い物なので、正解はありません。
 
おすすめカメラがないもう一つの理由は、カメラは「暗箱」です。カメラの基本機能はただの箱。そう考えるとどれでもさほど違いがないように思われます。またレンズも、戦後に作られたレンズはどれでも初心者が気にするほどの写りの差はありません。レンズよりも現像液を替える方がはるかに大きな影響が出ます。
だからカメラもレンズも好きなものを選べばいいと思うよ。と言っていました。
写真好きの人におすすめのカメラを尋ねると、いろんなひとがいろんなことを言います。
それでいいと思います。
 

たとえばこのブログ記事など。

「あたし、めりーさん。今、あなたが心の中にいるわ。」

暇なので俺もフィルムカメラ紹介してやんよ!

 
 

なるほど。それでいいじゃん。本当にそれでいいと思います。好きなカメラを選べば。しかしアナログ写真ワークショップを開催していると、写真歴に関係なく、カメラ選びに苦労している人が多いことがわかりました。初めての人は周囲のアドバイスに混乱し、写真歴の長い人は趣味が高じて使いにくいカメラにこだわってしまう。結局、写真を撮るためのカメラはどれがいいのかわからん、教えて!

 
そこで東京オルタナ写真部が、厳選しておすすめします。
かっこいい写真が撮りたければ、このカメラを買え!
 

 
私たちの基準はシンプルです。かっこいい写真が撮れる機能があることです。具体的な評価基準は以下です。
 
買いやすいこと、値段が手頃なこと

市場に多く出回っていて見つけやすく、値段も安定している。

内蔵露出計が追針式で±2ストップ以上計測できること

美しいモノクロ写真を作るには露出計測とフィルム現像が重要。そのため標準から±2ストップ以上を正確に計測できる露出計が内蔵されていることが望ましい。

フルマニュアルで操作できること
信頼できること。

露出計、絞り、シャッター、巻き上げ等の動作の信頼性が高いこと。

 
この基準でカメラを探すと、意外なほど少数のカメラしか残りませんでした。まずは厳選おすすめ上位3機種の紹介!
 
 
 
 

もっともおすすめできるフィルムカメラ3機種

 
 

Nikon FE2

往年の名機。シンプルでバランスの取れた機能。成熟し完成した道具。
 
©2day929 on flickr
 

おすすめポイント

  • 非常に見やすいアナログ追針式露出計
  • 電子制御シャッター 8秒〜1/4000秒
  • 軽い。550g。
  • 交換用ファインダースクリーンやアイピースが現行で生産されている。
  • Aiレンズ以降のNikonレンズは全て使える。
  • 市場に数が多く、低い価格で安定している。
  • 中古価格 7,000~15,000円程度
 

残念なポイント

 
  • 製造から30年が経過しているため、動作が信頼できないものが多い。
  • 古いカメラは故障するリスクが大きい。
  • 購入後に、モルト交換やスクリーン交換などのメンテナンスが必要になることが多い。
  • 自分でメンテナンスできない人は、購入後に業者にオーバーホールに出すのがおすすめ。
  • オーバーホールの価格を考慮すると、価格面のメリットが小さくなる。
※Nikon FE2を実際に購入し、自分でメンテナンスする方法を紹介しています。
 
Nikon FE2 シルバー

Nikon FE2 シルバー

posted with amazlet at 16.09.26
ニコン
売り上げランキング: 572,709
 
 

 

Nikon F100

 
オートフォーカス機ですが何か?現代的で洗練された高機能。非常に高い信頼性。もちろんマニュアルフォーカスのレンズも使えます。
 
©Richard Murdey on flickr
 
 

おすすめポイント

  • 若い個体は製造からまだ10年。
  • LED表示の露出計で±3ストップ測定可能(Nikon F5は±2ストップまでしか計測できない)
  • スポット測光可能。
  • 現代的な機能に非常に高い信頼性。
  • 電子制御シャッター 30秒〜1/8000秒 1/3段ステップ
  • 専用スピードライト併用で1/4000秒の高速シャッタースピード同調。
  • ファインダー視野率96%。
  • Aiレンズ以降のNikonレンズは全て使える。
  • 市場に数が多く、非常に低い価格で安定している。
  • 中古価格 6,000~27,000円程度

 

残念なポイント

  • 単3電池4本使用。充電式電池は推奨されていないが、実際は大丈夫らしい。
  • かなり重い。電池なしで785g。電池込みだと900gに。
 
Nikon ニコン() F100 Body
ニコン
売り上げランキング: 150,551
 
 
 

Nikon FM3A

フルマニュアル機最終形。シャッターは電子制御&機械式のハイブリッド。全速で機械制御可能。つまり電池が無くても完璧に写真が撮れる。
 
©Mark on flickr
 

おすすめポイント

  • 若い個体は製造からまだ10年。
  • 現代的な機能に非常に高い信頼性。
  • 非常に見やすいアナログ追針式露出計
  • 電子制御シャッター 8秒〜1/4000秒 無段階調整
  • 機械式シャッター 1秒〜1/4000秒
  • Aiレンズ以降のNikonレンズは全て使える。

残念なポイント

  • 価格がやや高騰している。
  • 中古価格 45,000~90,000円程度
Nikon FM3A ボディ ブラック
売り上げランキング: 112,438
 
 
 
これらの3機種は優劣つけ難くどれもおすすめできます。オークションや中古カメラ店で探すことになりますが、出回っている商品の状況に応じて購入機種を決定するといいと思います。
 
 

上位3機種には入らなかったけれど…おすすめ

 

Canon New F-1

メカ。金属。超合金
 
©haribote on flickr

おすすめポイント

  • 高い信頼性
  • 確実で快適な操作性。
  • 見やすいアナログ追針式露出計
  • ファインダー視野率 97%
  • シャッターは電子制御&機械式のハイブリッド。8秒〜1/2000秒。
  • 市場に数が多く、低い価格で安定している。
  • 中古価格 15,000~25,000円程度

残念なポイント

  • 重い。電池込みで805g。
  • 電池は4SR(LR)44。やや割高。
CanonのフィルムカメラはNikonに比べると選択肢がやや少なくなるので次点にしました。
Canon New F-1

Canon New F-1

posted with amazlet at 16.09.26
キヤノン
売り上げランキング: 537,876
 
 
 

その他のおすすめカメラ

もしこれらのカメラが家にあったり、知人から譲ってもらえたりしたらラッキー。まずはこのカメラから始めてみよう。
 

Nikon FE

Nikon EL2

これら2機種は製造から相当時間が経っているので、メカニックが正常かどうか確認が必要です。露出計の狂いも要チェック。
 

Nikon F5

Nikon FM10 (現行機種)

Nikon F6 (現行機種)

FM10は新品が入手可能で軽量なのがおすすめですが、ファインダーは現代的な機種とは思えないほど暗いです。また露出計もかなりざっくりしかわかりません。
 

Canon AE-1

Canon EOS 7s

Canon EOS-1V (現行機種)

AE-1も製造から時間が経っているため、メカニックと露出計のチェックが必要です。
 

Pentax MZ-3

Pentax LX

どちらもおすすめです。

Olympus OM-4

このカメラは上記のCanon New F-1と同じ枠でおすすめしたほうがいいのではないかというくらい良いカメラだと思います。残念ながら実機に触れたことがないので、こちらでおすすめ。

Olympus OM-4 Ti Silver

Olympus OM-4 Ti Silver

posted with amazlet at 16.09.26
オリンパス
売り上げランキング: 1,190,166
 

Contax Aria

どうしてもツァイスのレンズガー、という人なら。

 


ここで紹介したカメラはどれも、東京オルタナ写真部のワークショップでの使用に最適なカメラです。ワークショップ参加希望の方でカメラの購入を検討される場合はご参考にしてください。

 
 
このリストは、東京オルタナ写真部のアナログ写真ワークショップ参加者へのアンケートを元に制作しました。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。
More from tokyoaltphoto

「植物研究」の帽子

インターナショナル・ライ...
Read More