東京蚤の市:日光写真部 / Sun Printing Work Shop

【プルシアンブルー】と呼ばれる顔料は、化学式C18Fe7N18の化合物です

実はこれが青写真の色です

つまり青写真はプルシアンブルーそのもので、できています

東京蚤の市の日光写真部では太陽の光でこのプルシアンブルーを作ります


東京オルタナ写真部/ 日光写真部@東京蚤の市

 

東京オルタナ写真部は「日光写真部」を出張開催します。

 

日光写真は、印画紙に種紙を重ねて日光で焼き付ける昔懐かしいおもちゃです。
今回はサイアノタイプという19世紀の写真技法で印画紙を作り、中世の星座図をプリントします。
夜の底のような青色のサイアノタイプそれに太陽の光で星座を焼き付けます。

東京蚤の市限定、日光写真部。ぜひ遊びに来てください。

会場ブース

メインエントランスから入ってすぐ左手の建物の2F「アナログの館」です。ブース番号はNo.181
 
 

こちらが目印

100歳の現役カメラとこのサインボードが目印です。
 
 
 

開催時間

随時開催です。混雑した場合は少しお待ちいただくかもしれません。その際は整理番号をお配りします。ワークショップの所要時間は40分〜60分程度です
 
 

ワークショップ詳細

詳しいご案内はこちらです。→ 東京オルタナ写真部/ 日光写真部

 


5月14日(土)、15日(日)京王閣にて開催される「第9回東京蚤の市」。
東京オルタナ写真部が出張ワークショップを行います。

ところで関係ない話ですが「フリーマーケット」って”Free Market” じゃないんですよ。”Flea Market”が正解。FleaですよFlea。蚤!!

それはともかく、どうせ日の当たるところに出るのならと「日光写真部」を開催いたします。日光写真は太陽の光で絵を焼き付ける昔懐かしいおもちゃですが、今回は青写真の印画紙から作ります。

青写真はサイアノタイプと言って、1842年に発明された由緒正しい写真古典技法です。写真の発明が1839年ですからわずか3年後。世界初の写真集もこの技法でプリントされました。

今回はあえて「写真」ではなくイラストをプリントします。絵柄は中世に描かれた12星座。上の写真は魚座です。9世紀に北フランスで書かれた本のイラストです。

夜の底のような色の青写真に、太陽の光で中世の星座をプリントします。
完璧すぎですね。
詳しくは下記の詳細ページをごらんください。お会いできるのを楽しみにしています。

詳しいご案内はこちらです。→ 東京オルタナ写真部/ 日光写真部

 
これが…

 

こうなって…

 

こうじゃ!

試作品ができたよ!

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

Blueprint to cyanotypes - Exploring a historical alternative photographic process (English Edition)
AlternativePhotography.com (2013-12-18)
売り上げランキング: 219,033
 
More from tokyoaltphoto